株式会社 駒井ハルテック

  • 橋梁事業

    長大橋から、人々の生活の中に活きる身近な橋まで

  • 鉄骨・鉄構事業

    現代の建築を支え、社会の基礎づくりに貢献

  • 環境事業

    “持続可能な社会”の実現に向けた、ソーシャルソリューションを提供

受注工事TOPICS

~ ブータン王国初の風力発電所建設を受注 ~[環境事業]

このたび当社は、ブータン電力公社より、同国初の風力発電所建設工事を受注いたしました。
本工事では、当社の300kW風力発電機2機を2015年にブータン王国西部のワンディ県に設置いたします。 ブータンは豊富な水資源を背景に、電力需要のほとんどを水力発電に依存していますが、長期的な水資源不足を危惧するブータン政府は、再生可能エネルギーによる電源の多様化をすすめています。

詳しくはこちら

トピックス/ニュース一覧を見る

平成27年08月07日IR情報
IR情報に「平成28年3月期 第1四半期決算短信」を掲載しました。new
平成27年07月08日お知らせ
7月29日(水)~31日(金)、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催されます「第10回再生可能エネルギー世界展示会」に出展します。
平成27年06月11日IR情報
IR情報に「第86回定時株主総会招集ご通知」を掲載しました。
平成27年06月10日お知らせ
6月17日(水)~19日(金)、東京ビックサイトにて開催される「スマートコミュニティ Japan 2015」で三重大学ブースに出展します。
平成27年05月14日IR情報
IR情報に「定款の一部変更に関するお知らせ」を掲載しました。
平成27年05月14日IR情報
IR情報に「平成27年3月期 決算短信」を掲載しました。
平成27年05月11日IR情報
IR情報に「業績予想の修正に関するお知らせ」を掲載しました。
平成27年04月06日IR情報
IR情報に「業績予想の修正に関するお知らせ」を掲載しました。
平成27年02月26日お知らせ
技報・論文に「駒井ハルテック技報(Vol.4 2014)」を掲載しました。

当社で取組んでいるリモートセンシング技術が、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の「研究成果最適展開支援プログラム(A-step)」平成26年度第1回公募において「産学共同推進ステージ ハイリスク挑戦タイプ」に公募し採択されました。

課題名

「レーザー探傷による補強橋梁床版欠陥部のリモートセンシング技術開発と実用化」

開発体制

株式会社 駒井ハルテック
公益財団法人レーザー技術総合研究所
国立大学法人東京工業大学大学院

研究開発の目的

本研究開発では、高架橋の鉄筋コンクリート床版の補強方法として多く採用されている「鋼板接着版」を対象とした非接触式の点検手法について取り組んでいます。今回の採択は、同支援プログラムの平成24年度「フィージビリティスタディ(FS)・ステージ シーズ顕在化タイプ」に採択されて開発した、「レーザー差動干渉装置」の展開になります。床版損傷状態の判定精度の向上と検出アルゴリズムの構築、およびレーザー差動干渉技術の向上を図り実用化を目指します。

研究開発期間

平成26年12月1日~平成29年11月30日